不思議の国のアリス症候群
自分の中で起こる不思議な感覚に
名前が付いていた








不思議の国のアリス症候群とは

不思議の国のアリス症候群(ふしぎのくにのアリスしょうこうぐん、Alice in Wonderland syndrome、AIWS、アリス症候群)とは、知覚された外界のものの大きさや自分の体の大きさが通常とは異なって感じられることを主症状とし、様々な主観的なイメージの変容を引き起こす症候群である。 この症候群の名前は、ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』で薬を飲んだアリスが大きくなったり小さくなったりするエピソードに因んで、1955年にイギリスの精神科医トッド(英語: John Todd)により名付けられた。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

不思議の国のアリス症候群 原因

不思議の国のアリス症候群は、精神的な病気ではないようですが、はっきりとしたことは解明されていないようです。
原因の一つとしてEBウイルス(エプスタイン・バールウイルス)の感染により中枢神経が炎症したことでおこると考えられているようです。
しかし、ほとんどの日本人は子供の頃にこのウイルスに感染するようです。
ということは、覚えていないだけで、この体験をしている人は多くいるのかもしれないですよね。

不思議の国のアリス症候群 症状

私の場合は、子どもの頃の記憶というか中学も?うーん、ずっとあんまり記憶がないんですよね。
だから、この症状が出ていたのか、いなかったのかも覚えていないんです。
ただ小さい時は、毎日泣いていたんじゃないかと思うくらい、
常に泣いていたという感じはします(´;ω;`)

なので、この症状の記憶は高校生くらいか、大人になってからのものだと思います。


私は、目を開けているときにはならないんです。
夜、就寝するために横になって目をつぶっている時になるんです。なので、目で見えるものではなく感覚だけです。

自分がもの凄く小さくなって、周りがもの凄く広いというか、大きいというか、果てしない感じ?でも、怖くないんです。他には、自分の手だけなど一部分が凄く大きくなる感覚とか。


大人になってから、この症状を持つ人は偏頭痛持ちの人が多いようです。確かに偏頭痛持ちでした。でも、最近は偏頭痛はないんですよね。

ただ、今年インフルエンザに2回かかったんです。
そして、インフルエンザが治ってからだったんですが、就寝するため目をつぶっていたらまた起こりました。何か関係があるのかはわかりません。

主な症状
  • 物が大きく見えたり、小さく見えたり
  • 音が大きく聞こえたり、小さく聞こえたり
  • 時間が異常に早く感じたり、遅く感じたり
  • 見ているものが歪んで見える
  • 体がふわふわと浮いているような感覚 など。

症状をみてみると、体がふわふわしたこともあるし、見ているものが止まって見えたこともあるし、
もはや何の症状かわからないですが、不思議なことはあるってことだけはわかります^ ^;

でもこれは、体験してみないと絶対にわからない感覚なんです。
起こそうとして起きるものでもないですし、いつ起こるかわからないんです。

なので、この世にはこういう訳の分からない事も起こることがあるということを理解しておいてもらえると、そんな人に出会ったときに〝ああ、本当にいるんだぁ″と信じられると思います。

大人でも子供でも、自分の言っていることを信じてもらえないと傷つきますし悲しみます。
特に子供は伝えることが上手くできないかもしれません。よく話を聞いてあげるといいと思います。

子供の頃に多いと言われますが、大人になってからも起きている人は多そうです。
原因不明ですが、自分だけではないとわかるだけでも、少し安心できますね(^-^)

それでは、またね(´っ・ω・)っ☆

今日のおかず

麻婆ナス

インゲンのおかか炒め

毎日のおかず大変ですよね。ひらめきに役立つといいな(゚∀゚)