お弁当箱を入れるのに便利だと思いあずま袋を作りました。
しかし、微妙にずれてしまうんです。

ずれて失敗したあずま袋

使えなくはないので、そのままでもいいのかもしれないのですが、
すごく気になってしまうんです^^;

あずま袋がずれてしまう原因

あずま袋の作り方は、タテ:ヨコの比率が1:3なんです。

タテ:ヨコ = 1:3

タテの長さを22㎝で作ろうと思ったとき
(縫い代を1.5cmとして)
22+1.5+1.5=25㎝になります。

そして、横の長さを計算するときに、
タテが25㎝だから、
25+25+25=75㎝と計算していませんか?

これが、微妙にずれたあずま袋を作ってしまう原因です。
縫い代を含めて製図をしてしまうと失敗をしてしまうんです!

失敗しない(ずれない)
あずま袋の作り方

上の画像の大きさで(縫い代を1.5cmとして)
タテが22㎝なので、
22+1.5+1.5=25㎝です。

ここからです。タテ25㎝は一旦おいといて、

横の長さを計算するとき、
縫い代を含めない、タテ22㎝で計算します。

22+22+22=66㎝
これが横の長さです。

この横の長さに縫い代を足します。

66+1.5+1.5=69㎝
これが、タテが22㎝の場合の横の長さになります。

縫い代を含めて製図をしたものと6㎝も違います。
これでは、ずれてしまいますね^^;

この要領でタテの長さを3倍にしてから、縫い代を足せば、
お好きなサイズで失敗せずに作ることができますよ(^-^)

次はあずま袋の作り方をのせますね。

とりあえず、またね(´っ・ω・)っ♡

今日のおかず

冬瓜の和風麻婆

ウインナーとオクラ炒め

毎日のおかず大変ですよね。
ひらめきに役立つといいな(^^♪