マスクカバーをつけた紙マスク

紙マスクが手に入りにくいですが、花粉症のこの時期にはマスクは手放せません。
毎年、花粉症の時期には布マスクと紙マスクを重ねてつけていたのですが、マスクゴムも手に入りにくい状況なのでマスクカバーを作ることにしました。

表布には綿の薄い生地を使い、口にあたる裏布にはダブルガーゼを使いました。
それでは、作り方です。

マスクカバー 作り方

出来上がりサイズ
ヨコ約18㎝×タテ約9㎝

裁断サイズ
表布 … タテ20㎝×ヨコ22㎝
裏布 … タテ20㎝×ヨコ22㎝

*縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

英字柄生地と無地生地の寸法

左側が表布、右側が裏布です。

下から8㎝折り畳まれた生地

プリーツ部分を作ります。

表布は裏面、裏布は表面が見えるように置きます。
下から8㎝で折りたたみアイロンをかけます。

マスクのタックを作った生地

次に、6㎝で折り返します。

マスクのプリーツ部分を作った生地

反対側も同じように作ります。

スッテチの縫う部分を示した生地
綿生地とミシン

表に返し、プリーツ部分に端から3㎝くらいステッチをかけます。

ステッチをかけた生地

ステッチをかけたところです。

プリーツマスクのプリーツ部分を裏から見た生地

次に、表布と裏布をつなぎ合わせます。

表布と裏布をプリーツの割れ目が見えるように置きます。
裏布を表布に重ねます。

上から5ミリを縫うことを示した生地

縫い代の布がほつれてこないように袋縫いをします。
まず5㎜で縫います。

縫い代をわった生地

縫い代をアイロンでわります。

赤い線で縫う部分を示した生地

折りたたみ縫い代をアイロンで整え、1㎝弱な感じで縫います。

縫い代を倒した生地

アイロンで縫い代を裏布側へ倒し整えます。

両端に待ち針のついた生地

両端を1㎝の三つ折りにして縫います。

上から5ミリに赤線が引かれた生地

もう一度、袋縫いをします。
外側に表がくるよう(外表)にたたみ5㎜のところを縫います。

縫い代がわられた生地

縫い代をアイロンでわります。

上の縫い代に赤線が引かれた生地

ひっくり返しアイロンで整え、1㎝弱な感じで縫います。

英字柄のプリーツマスクカバー
マスクカバーの裏

表に返しアイロンで整え完成です。

表布にはシーチングや綿シフォン生地など薄手の生地を使用すると息苦しくないと思います。
紙マスクだけではなくフラットマスクを入れて使ってもいいと思います。
繰り返し使い、けば立ってしまった紙マスクにも使えるので便利ですよ。

それでは、またね(´っ・ω・)っ☆

今日のおかず

和風麻婆豆腐
レンコン塩きんぴら
筍メンマ

毎日のおかず大変ですよね。
ひらめきに役立つといいな(^^♪