こんな症状が出たことはありますか?
喉に違和感がある。
私は、何か丸いものが詰まっているような腫れているような苦しさがありました。

何でこんなに苦しいのか違和感があるのか全くわからなくて、
アレルギーが関係しているのかと思っていたんです。

ある時、自分ではそこまでストレスだと感じていなかったことが、
どうやらもの凄くストレスだったようで、寝ていたのですが夜中に飛び起きたんです。
息が出来なくて。
もうどうしたらいいのかわからなくて、
のたうち回っていたら何とかおさまりました( ˘•ω•˘ )

そして、このくらいからか、何を食べても何を飲んでも、それこそ、水を飲んでも苦しくなっていました。

どうやら、この症状には名前があるようです。

ヒステリー球
(咽喉頭異常感症・いんこうとういじょうかんしょう)

これは、病気ではないようです。なので、内科や耳鼻咽喉科で診察や検査をしても異常がみつからないようです。


1
ヒステリー球の特徴

喉の違和感・異物感・圧迫感などの、何かが詰まったような感じ・物が引っかかっているような感じや、
咳・痰・喉の痛み・吐き気などが生じる場合もあるようです。


2
ヒステリー球の原因

心身のストレスにより、自律神経のバランスが崩れることによって起こると考えられているようです。

何かストレスを抱えていたり、疲れがたまっていないですか?
他にも、更年期によって女性ホルモンが低下し自律神経が乱れる時期にもなりやすいようです。


3
ヒステリー球の治し方

ストレス発散をする。
緊張をほぐすため、自分なりのリラックス法をみつける。


4
ヒステリー球は何科の病院を受診したらいい?

他の病気が隠れていることも考えられるので、まずは内科か耳鼻咽喉科を受診し、
何も異常がなかったら心療内科や婦人科を受診すると良いようです。


そして、何で私は治ったのかということです。

ヒステリー球が治った理由

自分の思っていたことを書き出した。

聞いたことがないですか?
ストレス発散方法として、思ったことや、感じていること、考えていること、愚痴などを紙に書き出す。これだけです。
前から知ってはいたのですが、やってみようなんて思ってもみませんでした。

私の場合は、スマホのメモ機能を使いました。
なので、手書きで書き出したわけではありません
それでも私にとってはストレス発散になったようで、ヒステリー球がすっかり治ってしまいました。

感情のアウトプット

この書き出すというのは、アウトプットするということ。
つまり、自分の内側にある気持ちを言語化することで思考の整理がでるということです。

見られたら嫌。わかります。
だから、書き出すのは嫌。わかります。
だから私も、知ってはいたけれどやってみなかったんです。

なので、書き出す内容は、嫌なことや悩みごとじゃなくてもいいと思います。
楽しかったこと、嬉しかったこと、疑問に思ったことなど、なんだっていいんです。
手帳に、一日ひと言だけ書くのもいいですよね。
自分の中から想いを出す。これだと思います。

たまには手書きで書き出してみて、書いた紙をビリビリに破って捨てるのもスッキリしていいですよ。
生ごみにポイッ!もいいと思います。湿気るのでちょうどよくないですか(゚∀゚)

しかも、手書きにはメリットがあるようで、潜在意識を呼び覚ますといわれています。
普段では思いつかないようなアイデアがひらめくということです。プラスでいいことがあるかもしれません^^


私は、人に相談するのが好きではありません。
簡単で表面的な、「どっちがいいかな?」とかは相談しますが、自分の内側の悩みや愚痴は誰かに聞いてもらうのは苦手です。
愚痴は、言う方はスッキリしていいですよね。でも、聞く方はかなり痛手を負ってげっそりしませんか?
なので、私はあんまり好きではないんです。

同じような性格の方には、この方法が合っているかもしれません。
ただ、これをやったから治るという保証は全くありません。
なぜなら、原因もさまざまですし、性格も性質もみんなそれぞれなんですよね。

でも、すぐに出来るとても簡単なことです。もし気になるようだったら試してみてくださいね。

それでは、またね(´っ・ω・)っ♪

今日のおかず

チキンステーキ

茄子の味噌炒め

毎日のおかず大変ですよね。
ひらめきに役立つといいな('ω' )