おからパウダーを衣に使ったチキンカツ
tete
小麦アレルギーでも揚げ物が食べたいですよね?
チキンカツ、とんかつ、エビフライ。
おからパウダーで、揚げ物の衣が出来ちゃいます!

米のパン粉をスーパーで探していて、やっと見つけた!と思って裏面の原材料名をみたら、
小麦グルテンが入っていたんです( ˘•ω•˘ )
"米粉を使ってます"というだけで、小麦が入っている可能性があるので、しっかりと原材料名の確認はしたほうがいいです。

その後、米100%の米パン粉を手に入れ、とんかつを作ってみました。サクサクというかザクザクに近い感じでした。これも、歯ごたえがあって美味しかったです。

今回は、おからパウダーを衣に使ってみたら、私にはおから衣のほうが普通のカツに近い感じがして美味しかったのでレシピを紹介します。

それでは、今回はチキンカツの作り方です。

おからパウダーチキンカツ 材料

鶏むね肉 2枚(600gくらい)

酒    大さじ1
塩    小さじ1/2

おからパウダー

米粉バッター液 材料

米粉 大さじ4

卵  1個

水  大さじ1

おからパウダーチキンカツ 作り方

1.鶏むね肉の皮を取り除き、1.5cmくらいの削ぎ切りにする。水気をふき取る。
ビニール袋に入れて、酒・塩を揉み込む。

2.バッター液の材料をボールに入れて、箸や泡立て器などで粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

チキンカツを作るときに使うバッター液

バッター液は、水っぽくなく少し重たい感じです。

3.バッター液のボールの中に、酒・塩を揉み込んだ鶏むね肉をすべて入れる。
鶏むね肉にバッター液がまんべんなく絡むように混ぜ合わせる。

4.バッター液のついた鶏むね肉に、おからパウダーを付ける。

バッター液のついた鶏肉におからパウダーをつける


5.揚げ油を170℃くらいに温めて、こんがりきつね色に揚がったら完成!

同じ要領で、ヒレカツやエビフライなども作れます。

バッター液を作って鶏肉を絡めてしまうことで、粉を付けて→卵を付けて…の工程をはぶけるので、楽に簡単に早く作れます(^ ^♪

鶏むね肉は繊維を断ち切るように切ると柔らかい食感になります。

我が家では、ソース・味噌だれ・からし・塩などで食べています。

味噌だれが美味しかったようなのでレシピです。

味噌だれ 材料

赤みそ…大さじ3
砂糖 …大さじ3
酒  …大さじ2
みりん…大さじ1

みりんを切らしていたので、みりん無しで作りましたが美味しかったです。

味噌だれ 作り方

味噌だれの材料をすべて鍋に入れてよく混ぜます。
そして、弱火で煮詰めとろっとしたら完成!


味噌だれは、揚げ茄子・焼きナス・お豆腐・おでん、いろんなものに合います。余ったら使ってみてくださいね。

では、まったね(´っ・ω・)っ☆

今日のおかず

おからパウダーチキンカツ

豆腐のオクラのせ

おかずを考えるの大変ですよね。
ひらめきに役立つといいな(^-^)